• HOME
  • パソコン 買い替え デスクトップ・ノート

デスクトップ・ノートのメリットとデメリットを比較

デスクトップパソコン、ノートパソコンは「どちらが優れている」というものではありません。「自分がパソコンでしたいこと」に合うものを選ぶことが大切です。

デスクトップは、同じ性能のノートパソコンに比べて、価格が安いといえます。ノートパソコンに組み込む部品は「小さく作る」ことが必要ですが、デスクトップならば大きい部品を使っても大丈夫ですので、この部分が価格差に現れているといえるでしょう。

また、使用するのに楽なのは、デスクトップです。キーボードも広く作られていますし、画面も大きいです。もしも視力が悪い、目が疲れやすいという方は、拡大表示をすれば、とても見やすい画面が得られます。

長時間使用する人には、デスクトップのほうが楽に使えると言えます。もしも「合わない」と感じるノートパソコンを使い続けると「VDT症候群」という、ドライアイ、視力低下、首や肩のこり、食欲がなくなるといった症状が出る状態になる可能性もあります。

ノートパソコンのメリットは「持ち運びができて便利」ということです。デスクトップはとても持ち運びなどできませんが、ノートパソコンがあれば、どこでも仕事ができます。ただ、この「便利さ」が合う人、合わない人というのはいます。

ノートパソコンであるために、いつでも・どこでも仕事のことが頭から離れず、イライラしてしまう、というケースもあるのです。

またデスクトップは「性能を付け加えたい、ハードディスクなどを後から取り付けたい(拡張といいます)」といった場合に便利です。ノートパソコンは、拡張の余地があまりありませんので、注意が必要です。

パソコン買い替え人気ランキング(当サイト調べ)